上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なむさんぽうのなむさんと去年の夏頃ネーム交換をさせていただきました。
本当は4月頃に載せる許可いただいてたんですがめっちゃ遅くなってしまいなむさんすみません…!私がネーム交換させていただいたものはなむさんぽうさんに載せてくださっています。
なむさんにネームをやっていただいたのは「墨染の桜」の冒頭あたりの1シーンです。

↓元ネーム
sumizome1.jpg


sumizome2.jpg


sumizome3.jpg

↓つづきからなむさんのネーム
yuusan01.jpg

yuusan02.jpg

yuusan03.jpeg

yuusan04.jpeg

すごすぎてよくわからない…(感想)

ここにネームがあるじゃろ?
( ^ω^)
⊃  ⊂

これを
( ^ω^)
⊃)  (⊂

こうして
( ^ω^)
≡⊃⊂≡

こうじゃ
( ^ω^)
⊃□⊂

このAAをここで使うしかない。何回読んでも深く深く興奮するので、以下思いのままに打とうと思います。ほぼ独り言ですすみません。

なんかこの「すごい」という気持ちってなんなんだろうと考えてみたんですが、セリフや場の設定を考えたのは私ですが、このまんがが完全になむさんのまんがになっているところが本当にすごいなと。まんがの流れが完全になむさんなんです。逆に言うと、コマの切り方・フキダシの置き方・目線の流し方というまんがの構成だけでなむさんのまんがって完成してるんだなあ~と。もちろんなむさんの絵やストーリーもだいだいだいすきですし欠かせないものですが、このネームを再度私がそのまま絵を起こしても私のまんがにはならないと思います。なむさんのまんがを私がそのまま描きましたってなると思う。
初めて彼女の作品を拝見したのはピクシブでしたが、初見から「この方のまんがめっちゃ好き」と思っていた理由は、まずこのまんがの構成がすっごく好きだったからだなと数年越しに確信してすっきりしました。
それを構成と言ったり空気感と言ったり雰囲気と言ったり、さまざまな言い方があると思うのですが、絵柄を見て「あっこの人だ!」と気付くのと同じくらい、なむさんのまんがそのものにはすぐさまなむさんだと気付くところがあります。つねづね、稀有だなあと思っております。
私が特に好きなのが、コマの区切りに囚われない空気の流し方なんですが、3-4Pにそれが炸裂してて正直最高です。4P目は私の描いたPが2コマに収まってて
あーーーーーーーーーーーこれだけで伝わるんだーーーーーーーーーーーすごい 大の字
ってなりました。なむさんのまんがのふきだしって大きくて情報も詰まってるのですが、絵と融合して画面全体を見た時調和してるのがすごいです。何回見ても意味がわからない…と元の私のまんがを見つつ。おもしろいのでどうぞ見比べてみてください。

できあがった時2人で見比べあってわーっとしゃべったのですが、なむさんが私ネームの3Pの2コマ目の実彰さん(死にさえしなければ、の前のコマです)は何を考えてるの?と聞いてくださって(なむさんはなむさんなりに解釈されていたと思うのですが)、私は私でなむさんネームの4Pのコマ割りや表情が私の考えていたものとぴったり一致して何も思わなかったのでびっくりしたことがありました。
私の考えたのは以下の通りになりますが、おもしろいので、良かったらこれをお読みいただいている方も実彰さんが何を見てあの表情をしているかお考えを胸において読んでいただけたらと思います。(「墨染の桜」を読んでいないとわからないと思いますが…)

私の描いたつもり:次Pに笑ってないすさんだ表情の信春様が出てきますが、1コマ目で怒って目を上げてそれを見て、気がそがれたとかあーなるほどって思った顔

当時もわかりにくいかもなあと思いながら描いたのと、今見返してやっぱりわかりにくいわって思ったので要しょうじん
それを聞いてなむさんver.の実彰さんをまじまじと見たら凪いだ顔をしてるんですよね。原作の実彰さんって感情がわかりにくいところがありますが、内心はどうあれ表情があっというまに凪いでしまうからわかりにくい人だと私は解釈しています。その一瞬の移り変わりの短さが現れているようで、私はここの表情がとても好きです。なむさんがどう思ってこの表情を描かれたのか聞きそびれたので今度聞いてみたい。
話が逸れましたが、描いたものと読んだ方の相互作用というか化学反応というか、そういうものをこんな形で見られたことに感動しつつ興奮しました。個人的に、まんがでも小説でも読む時に使うものってその人の経験や知識だと思っています。なので当たり前ながら考えて描いた通りに伝わることはないですし(考えを伝える努力はしますが)、正解不正解なく、その人の感想はその人だけのものだと思っています。受けた印象はもちろんおもしろい・おもしろくないも読んだ人の心がちゃんと感作した結果なのではないかなと。(蛇足ながら剣君は友達と感想言い合ってても感銘受けたところとか受けた印象とか感想とか見事に違うことが多くて幅広いゲームだな~と思っている)
そうやってなむさんが私のまんがを読んで受けた印象を形にしてくださって、それが当の私にとって違和感がないっていうのがすごいなあと。ここで思い切り解釈が違っててもめっちゃおもしろかったと思うんですが^▽^一致したということにえらく感動していましたし今もしています。

もうひとつ、これは今読んでいて思ったのですが、なむさんの描かれた縁さんの目の澄み方が自分のとちがう。もれでる実直さが、私の縁さんは2か1くらいなのに対して、なむさんの縁さんは個人的に8くらいいっている気が。笑顔も作ったものでなく心から出ているものなんだ~という気がします。2P目1コマ目とか3P目3コマ目の笑顔の素直さが好きで、そしてこんな自覚のない深酔いの酔っ払い(※高貴)の相手はいやだ…って思いました。話を聞きながら私が泣くはめになりそう。
これは単なる私の感想ですが、なむさんの中の信春様の印象が見えるようでめちゃくちゃおもしろいです。

ぐだぐだ好き勝手書きましたが、めったにない経験をさせていただいておもしろかったし単純に描き手として嬉しかったです…!なむさん本当にありがとうございました!
Secret