薄ミュ藤堂平助編京都公演を見てきました。
備忘録に感想というか考察メモです。ネタバレです。覚え間違い・妄想による補填がめっちゃ多い。
無駄に語りかけ口調なのは自分に話しかけてるからです脳内会議録ですすみません。

今後書き足したり訂正したりするかも。
思い出すたび誰かと話をするたびあそこはああだったんじゃないか、こうだったんじゃないかと
新しい面に気付かされることが多く、改めて作りに作りこまれた劇だなあと思います。
すごかったです…すごかったです…
... 続きを読む